Glam Drive

Variety is the spice of life.

≫ EDIT

気に入らないヘッドホン

扇風機の塗装に思っていたよりも時間が掛かっています。
翅に下地となる塗装を何度も重ねなければならないので乾くまでの間に息抜き。



貯め続けていた某大型ショッピングサイトのポイントを使ってヘッドホンを新調しました。
値段の割に高機能で音も悪くありません。

ただ。
思っていた以上にハウジング(耳に当てる部分の外郭)のデザインが気に入りません。
注文前から「届けば何とか出来るだろう」と考えていました。

ヘッドホン 1

予想通り薄い金属板が強力両面テープで貼り付けてあるだけだったので端の隙間からカッターの刃を差し込んで外しました。
外せなければ艶消し塗装しか無いかと考えていたので一安心。
残ったテープは溶剤で剥がせば跡も残りません。

元は細かな楕円の溝が沢山入っていて放射線状に光が反射するデザイン。
汚れがすぐに溝に入り込んでしまうので見苦しい。
手近に置いておくと反射した光が目端でチラチラと動くのも気に入りません。

ヘッドホン 2

金属板の裏面はツルツルとした無地だったので裏返して粘着シートを貼りました。
細かく切り込みを入れた端を折り込んでライターで軽く炙りながら抑え、段差が目立たないように。

ヘッドホン 3

元通りに貼り付けて木目好き仕様のヘッドホン完成。
前と同じく強力両面テープを使用したので飽きた時にはまた変えられます。

ヘッドホン 4

余ったシートをスマホ用のイヤホンにも貼りました。
夫と揃いで購入したので間違え防止に。

ヘッドホン 5

ずっと有線でしたがやっと時代の波に乗りBluetoothに移行しました。
快適。





ついでに毎年の恒例。

白花曼殊沙華 2019

今年も綺麗に咲きました。
スポンサーサイト



| リメイク・木工・工作 | 17:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

扇風機の修理 2

暑さがぶり返してしまい再びぐったりしています。

あまりやる気は出ませんが、解体した扇風機がなかなか邪魔なので修理の続き。
中を開けるとコイルは古い油で汚れて真っ黒でした。

この辺りはどこまで触って良いものか分からないので簡単に掃除して終了。
外れない螺子も結構ありました。

扇風機の修理 4

本体の汚れをパーツクリーナーで落としながらワイヤーブラシとサンドペーパーで擦ります。
元の塗装を落としつつ次の塗装の足付け。

扇風機の修理 5

諸々考えてスプレー塗装にしました。
ホームセンターを回り、塗料はサンデーペイントの「うす緑」に決定。

天候の具合でかなり違って見えますが一枚目の画像と比べると若干の濃さが違う程度です。
長年の退色を考えれば新品の頃はこんな色だった筈。

扇風機の修理 6

本体のコードとスイッチ部分のプレートは外せなかったのでマスキングしています。
日が落ち始めて暗くなり、雲行きも怪しくなって来たのでここで終了。

塗装の際に我が家では高確率で起こる「やりたい人 VS やりたい人」問題を乗り越えやっと半分。

扇風機の修理 7

翅の塗装で段差が出るのは嫌なのでこの後を悩み中。
元の塗装を全て落としても翅自体に傷が多く浮き出てしまう可能性が大。

面倒でも下地材を厚塗りして研磨すべきかどうか。

もう少し続きます。

| 修理・その他 | 11:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

扇風機の修理 1

悪天候が続き、片頭痛でぐったりしていました。
行こうと思っていたフリマにも行けず、屋外での工作も出来ずうんざり。
これを書いている今も外は土砂降りで雷が鳴っています。



さて、この扇風機を覚えている方がおられるでしょうか。

2年近く前のちくご吉井お宝の市でのオークションで購入しました。
昭和10年代~20年代頃の物と思われる東京芝浦電気株式会社製。

ジャンク品との事で落札し、帰宅後に電源を入れても通電が確認出来なかったのでそのままインテリアと化していました。

東芝 扇風機 1

上の画像で分かるように翅の塗装が傷んでいます。
この2年弱で更に剥離が進みハラハラと剥がれ落ちる塗料を拾っては捨ててを繰り返していましたが、あまりの頻度に段々と腹が立って来たので塗装し直す事にしました。

取り敢えずワイヤーブラシで傷んだ部分をガシガシと削り塗装落とし。
このままでは段差が出来てしまうので水研ぎを考えています。

扇風機の修理 3

ついでなので底を開けて中を見てみました。

この手の仕組みはさっぱり分かりません。
が、あちこち突いて弄繰り回していると・・・モーターが動いている音がするような・・・?

扇風機の修理 1

コンセントプラグを交換し、少しだけ注油して様子を見てみると・・・動いた!

ゆっくりと回り始めた翅は徐々に早さを増し、しっかりと風を送るようになりました。
どうやら若干の接触不良と古い油の固着によって今まで動かなかったようです。

それにしても力が強い。
レバーを「強」に合わせるとまるで工場扇(塗装等を乾かす工業用の扇風機)のような風力です。

そして動作音が大きい。
注油口があるので中には長年の油が固まって残っているのでしょう。
分解して掃除をすれば何とかなるかも。

扇風機の修理 2

動かせた事で俄然やる気が出て来ました。

久し振りの大物塗装。
全く同じ色は見付けられなかったので元より濃い色になる予定です。
少し時間が掛かりそう。

| 修理・その他 | 23:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地球屋さんへ

少し前に行った久留米市の大正浪漫地球屋さんです。
暑さやら何やらで順番が前後してしまいました。

「古物屋nibblesさん」へ行くよりも少し前の話。

地球屋さん 1

前回と比べると大物家具等が少し入れ替わった様子。
入って右側が洋風っぽい物、左側が和物とざっくり別れています。

地球屋さん 10 地球屋さん 11

地球屋さん 13 地球屋さん 12

今回は薄い緑色の硝子コップを購入。

とても繊細な造りで手に持つと驚く軽さです。
強く握り締めたら割れてしまいそうな薄さ。

眺めていると店主さんから25%引きを提案して頂いたので購入を決めました。

ウラン硝子のコップ 1

ブラックライトで紫外線を当てるとこの通り。
国産のウラン硝子です。

硝子が本当に薄いので昼間であれば一見してウラン硝子だと気付かないかも知れません。
植物の柄が入っています。

ウラン硝子のコップ 2

気泡が入って綺麗。

2個あれば良かったのですが残念ながらこの1個だけ。
いずれ同じ物が見付かれば嬉しいのですが。

ウラン硝子のコップ 3

使いたいと思っているものの、あまりに薄く怖いので飾る事になりそうです。





追記で「現役の古硝子」

≫ 続きを読む

| 骨董店 | 11:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第210回 筥崎宮骨董市

日曜は筥崎宮の骨董市でした。

あまりに暑いので8月は行こうか止めておこうかと毎年悩むのですが今年は朝から曇り空。
起きた時には肌寒さを感じる程だったので迷わず出発しました。

とは言え歩いていればじわりと汗ばむ蒸し暑さ。

骨董市102

先月が雨で散々だったので期待していたのですが・・・今回は護国神社でお盆の期間に4日間連続で開催されたナイトマーケットの直後。

準備は遅く商品も少なめ。
そして店主さん方もどこかお疲れ気味の様子。

骨董市103

「ピースシロップ」等の瓶が入っていた上の画像の箱の中から1本だけ購入。

川崎造船の川崎正蔵氏が設立した神戸・布引礦泉所の「ヌノビキ・タンサン」の瓶です。
調べた結果、商品名は・・・「ダイヤモンドレモン」で良いのでしょうか。

高さ約195mmと小振りなジュース瓶。
胴のやや上に重なった蹄鉄のエンボスが入っています。

ダイヤモンドサイダー 1

裾に右横書きで「株式會社布引礦泉所製造」。
底にトレードマークであるダイヤモンドのエンボスと数字の「3」。

サイダー瓶によくある濃い緑色。

かなり減っていますが未開封で真っ黒な中身入りです。
開けて洗ってしまいたいような、このままにしておきたいような。

ダイヤモンドサイダー 2

別のお店で瓶をもう1本。

高さ約47mm×直径約36mm。
何かが入っています。

スミレの瓶 1

とても見辛いのですが片仮名で「スミレ」のエンボス入り。

同じ物を拾われた方の画像を見付けましたが「インク瓶」と紹介されていました。
封と中身が無ければ確かにインク瓶に見えます。
しかし封が製の紐できっちりと括られているので未開封。
空き瓶に後から何かを入れたという感じではありません。

中身は枯れ枝の様な何か。
漢方薬?
恐らく開封したところで何かは分からないでしょう。
このまま飾ります。

スミレの瓶 2

またも印鑑箱を購入。

小さな学校よりも我が家の方が印鑑箱の数が多そう。
金具が緩んでいて蓋が上手く閉まらないので調整が必要です。

割れた印鑑箱

こちらは頂き物。
昭和レトロ好きな店主さんに我が家で不要になった昭和中期頃の台所家電を引き取って貰ったところ、お礼にと頂きました。

正面に「本田豆乳店」。
裏面に「全乳」「18竕入」、筆記体で「Pure Milk」のエンボスが入っています。

「竕」の読みは「デシリットル」。
この漢字を初めて見ました。
と言うかデシリットル・・・久々に聞いたな。

本田豆乳店

じっとりと蒸し暑い日でした。

人気だと噂には聞いていましたが、小型のハンディ扇風機をお持ちの方が沢山でした。
扇子を忘れた私はそれを眺めて羨むばかり。

パソコンを購入して家電店のポイントが沢山なので買いに行こうかと迷っています。
来月もまだ必要でしょう。



おまけ。

とある出店スペースの店先で胡瓜の詰め放題が200円だったので挑戦。
結果は22本。

胡瓜の詰め放題

スーパーなら恥も外聞も無くもっと頑張れた気がしています。
私もまだまだ。

| 筥崎宮 風の市場 | 16:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT