Glam Drive

Variety is the spice of life.

≫ EDIT

第191回 筥崎宮骨董市

昨日、ぶり返した忙しさの中で筥崎宮の骨董市へ。
先月から何度も骨董市を逃し、今回はもう譲れないと時間を作りました。

家を出る時間が遅かったので到着したのは10時前。
来場者用の駐車場はもう満車で参道は大勢の人で賑わっています。

顔見知りの店主さん方にも「今来たの?」「今日は遅いね」と声を掛けられつつ散策開始。
最近はこういう事が多く写真がなかなか撮れません。

骨董市62

革張りのケースに入った検眼セット。

思っていたよりもずっと安値だった事に加え更に値引きして頂いたので購入しました。
但し検眼レンズが1枚欠品しています。

小さな検眼レンズ 1

何て可愛い!と見入った小さな小さな検眼レンズは直径約18mm。
普通の検眼レンズと比べるとこの小ささです。

沢山あればピアスにでも加工したいところですがたったの2枚。
飾って愛でるに留めます。

小さな検眼レンズ 2

セイコーの目覚まし時計。

文字盤に傷みがあり上部の取っ手が欠品していましたが耳を寄せるとしっかり動いています。
手に取ってうっかり目覚ましを鳴らしてしまい慌てつつもベルが生きている事も分かりました。

「今は動いているけど怪しい」との事で確かに見ている最中もインダイヤルの秒針は動いたり止まったり。
ですが「お幾らですか?」「3・・・」「3千円?」「いえ3百円」「本当に!?」と、吃驚して聞き返す程の安値に釣られ購入。

帰宅後に裏蓋を開けてエアダスターで埃を飛ばし注油しました。
何故か曲がっていた長針を真っ直ぐに伸ばして分かる限りで少しだけ調整。
現在までに約21時間が経っていますがしっかり動いています。
日差は約2分半と言ったところ。

個人的には大儲け。
合う取っ手を探してケースを磨かなければ。

セイコー 目覚まし時計

時計と一緒に購入した古い箱入りインキ消し。

ここでは何度も買い物をしているのでいつか実店舗に行ってみたいお店。
少し遠い上に色々な催事に参加されているのでなかなか行けていません。

HANABISHI 1

箱には「HANABISHI」と印刷されています。
内容量が「60瓦」と記載されているのでそれなりに古そう。

どうやら大阪にあった会社のようですが何の情報も見付けられませんでした。

HANABISHI 2

気泡は小さなものが沢山。
歪んで位置がズレた口はとても私好みです。

悩みどころはすっかり蒸発してしまっている白い2液の瓶が綺麗に洗えるかどうか。
頂き物もあって瓶が増えているので新しい飾り場所も必要です。

HANABISHI 3

この日、訳あって私は徹夜明け。
そして気温は30度。

暑さと睡眠不足でぼんやりしていたのか、いいなと思った物を幾つか買い逃してしまいました。
骨董市で後回しは禁物。
購入した物には満足しつつもぐったりと疲れての帰宅でした。
スポンサーサイト

| 骨董市・骨董店 | 18:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

惑星さんからの頂き物

先月半ばより急激な慌ただしさに襲われ更新が滞っていました。
その間、物作りはおろか骨董市も数件逃し、疲れ果てた私の機嫌は最低。

何とか落ち着きましたが気付けば前回の更新から20日以上も経っていました。
落ち着いたは良いものの、特に書く事も無く困ったなと思っていたところに嬉しい郵便が!

「 足下から瓶が(ry」の惑星さんからボトルディギングで掘り出した瓶類を頂きました。
何でも「ケラダマヒ」のmaicaさんらとボトルディギングに向かった際、距離的に参加が難しい私にお土産をと考えてくれていたそう。
多忙による気分の荒みも和らぐ嬉しさ。

事前に頂いていたメールから想像していたよりもずっと大きな包みを受け取り嬉々として開封しました。

惑星さんからの頂き物 1

こんなに沢山!
ハケには縁遠い私ですが有り難い事にこのところ頂き物で潤っています。

紙包みの中身は掘り出したそのままの土付きでした。
これは「少しでもその場の雰囲気を・・・」という惑星さんのお心遣い。

惑星さんからの頂き物 2

黒く平たいクリーム瓶は私が以前掘り出したアラバスターのクリーム瓶によく似ています。
大きさも同じですが、表面が荒く入っている縦線も半端に途切れている黒い瓶の方が古そう。

惑星さんからの頂き物 3

透かすと茶色味の強い赤紫。
そしてどうにも気になる可愛らしい出っ張り。

惑星さんからの頂き物 4

糊瓶2個。

やはりこの青緑色が大好きです。
左の瓶の歪みっぷりも右の瓶の気泡の入り具合も私好み。

何か入れて使いたい!!と手持ちの蓋を合わせてみましたが大きさは合っても螺子山が合わず撃沈。
気長に探す事にします。

惑星さんからの頂き物 5

人工甘味料サッカリンの硝子管。

ネット上の画像でしか見た事が無かったので意外に大きい物なのだと吃驚。

もしかすると過去には骨董市で「目盛りの無い試験管」だと思い込み見逃していたかも知れません。
試験管と違い底が平らなので飾りやすそう。

惑星さんからの頂き物 6

割と大振りな乳白色のクリーム瓶。
調べましたが何の瓶かは分かりませんでした。

この手のビンは造りが丁寧な事もあり、どうしても何かに使いたくなります。
まずはやはり蓋探しから始めなければ。

惑星さんからの頂き物 7

綺麗な古硝子を眺めて疲れも大幅に癒されればやる気も出るというもの。
惑星さん、ありがとうございました!

暫くはのんびり出来そうなのでぼちぼち何か作り始めます。

| 古い物・頂き物 | 23:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第190回 筥崎宮骨董市

筥崎宮での骨董市でした。

この日は5月の第二日曜日。
うきは市で開催される「ちくご吉井お宝の市」と開催日が重なってしまい、会場間の距離が離れているのでどちらに行くべきかと悩んでいました。

結局、夫が「両方とも行けばいい」と言ってくれたので初の骨董市ハシゴをと息巻き、早起きをしてまずは筥崎宮へと出発。

骨董市60

しかし・・・到着して参道を歩いてみると何かが妙。
お宝の市関係者の店主さん方が揃って出店しています。
1人2人なら兎も角、いる筈の無い地球屋さんのご主人まで発見。

流石に変だと思いご挨拶がてら「今日は吉井では?」と伺ってみると「来週よ」と驚愕の返答が!
重なってしまった為に延期になったのだとか。
地球屋さんは「反対したんだけどねえ」「知らずに向かった人も多いと思う」と気掛かりそうでした。

開催されているものだと思い込んで全く疑っていなかったので私も夫も吃驚。
危うく無駄足を踏むところでした。
やはり前日の確認が必要です。

聞いて良かったと心の底から思いつつ、時間に余裕が出来た事を喜んでゆっくり見て回りました。

骨董市61

先月の無念を晴らそうと隅々まで宝探しをし、今回は割と沢山の物を購入。

・・・と思っていたのですが、帰宅してみると私の物は2点だけで残りは夫の物でした。
購入した数だけで満足してしまっていた様子。
とは言えずっと欲しかった物を手に入れています。

奥野電器産業社製のミシンライト。
過去には予算が合わず諦めた事が数回、やっと手に入れました。

ミシンライト 1

「どこで使うの」と言う夫に「ミシンライトなんだからミシンに付ければいいじゃない」と答えると、「うちのミシンには明るいのが内蔵しとる」と呆れ顔。
ミシンはあっても自分で使った事が無いので知りませんでした。
と言うよりも、昨今のミシンにはライトが標準装備されているのだという事を初めて知りました。

話が逸れましたが、青灰色のシェードには「OKUSUN」の刻印入り
僅かに錆びた部分があるものの、全体的な状態はかなり良好で未使用品にも見えます。

ああ可愛い。
照明器具は大好きなので幾つあっても構いません。

ミシンライト 2

もうひとつは日本計量器工業株式会社(nikkei)製の温度計。
各部屋に温度計が欲しいので探していました。

特別に古い物でも珍しい物でもありませんが、しっかり機能していて状態も良く100円ショップよりも安く買えれば満足。

nikkei 温度計

天気は良く風が気持ちのよい1日でした。
それでも骨董市ハシゴとなっていれば今頃ぐったりと疲れ果てていた事でしょう。

ちくご吉井お宝の市の開催は今週末。
予定を調整し、楽しみに待とうと思います。

| 骨董市・骨董店 | 00:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉛筆削り

アイアンペイントが塗りたい病を患っています。
何か塗る物は無いかと家の中を探しているのですが、そうそう簡単には見付かりません。

そんな最中にプラスチック製の鉛筆削りを手に入れました。
100円ショップFLET'Sの商品だそう。

橙色のスケルトン。
気が急いてすぐに分解してしまったのでこんな写真です。

鉛筆削り 1

ほぼ全ての部品をサンドペーパーで研磨し、透明プラスチックの部品はアイアンペイントで塗装しました。
適当な位置に半球パールを接着して鉄板の留め具風に。

削り屑が溜まる抽斗もこの後で前面のみ塗装しています。

鉛筆削り 2

残りの白い部品は自動車用の銀メッキ調スプレーで塗装。

少し厚めに塗装し、完全に乾く前に丸めた紙を押し付けてエイジングしています。
経年で浮いてしまったメッキ風。
エイジングを施す場合は私の下手なスプレー塗装でも全く問題無し。

鉛筆削り 3

そして、アイアンペイントと一緒に購入したラストメディウムも初使用。
これもまた・・・もの凄く楽しい。

但し私には少し危険な楽しさです。
塗り過ぎに注意しなければ・・・と思いつつ、やっぱり少しやり過ぎました。
実物よりも写真で見た方がより錆っぽい。

鉛筆削り 4

元通りに組み直して完成。
古い雑誌の背表紙から切り抜いた英字も貼ってみました。

鉛筆削り 5

小さいのであまり重厚感は出ませんでしたが元の色と比べると部屋には馴染んでいます。

ああ、塗装し終えてしまった。
まだまだ塗り足りないのでまた何か考えなければ。

| リメイク・木工・工作 | 17:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GW中に手に入れた物

少々多忙だった今年のゴールデンウィーク。

何とか1日は遠出をしてフリーマーケットに行ったのですが・・・約90のスペースには欲しい物が全く見当たらず、夫と2人で丁度来ていた献血に参加して帰るという結果に。
帰宅途中に立ち寄った数件の骨董店やリサイクルショップでも惨敗。
少し遠回りして海に寄るも既に海水浴客がいる状態の浜は綺麗さっぱり掃除済み。
こんな事なら秋月レトロ市にでも行けば良かった、と献血で頂いた歯磨き粉2本を持って帰宅しました。



そんなこんなで今年のゴールデンウィークはいまひとつ。
そう思っていたのですが、月曜になり日用品の買い出しに出たついでに立ち寄ったリサイクルショップで出会いがありました。
チェーンのリサイクルショップなので店内の写真も何もありませんが載せておきます。

現行の物とはギアの形が違う古そうなハンドドリルを購入。
この形は天狗印の物でしょうか。
手では大変、でも電動ドリルを出す程でも無いという穴開け用に以前から欲しいと思っていました。

003_201705091742120ff.jpg

錆だらけでしたが夫がCRCで磨いてくれたのでそこそこ綺麗になりました。
使用に差し支えは無いものの、ハンドルの木製部分が摩耗していて少しグラつくので対策を考えよう。

それにしても古い工具は格好良い。

004.jpg

山と積まれた工具類の中から見付けたずっしり重たい何かのメーター。
ガス・・・のゲージにしては目盛りが少なく圧力計にしては多いような。

006.jpg

丁度作りたいと思っていた物のベースにぴったりです。
格好良くなりそう。

残念な事に風貌の端が割れているのでまずは交換が必要。
こんな小さな円形が私に切り出せるものだろうかと少し心配です。

007_2017050917421557b.jpg

作業台が完成し、収納場所も空いた事で少し感覚が緩み気味。
工具も材料もあまり書い過ぎないように気を付けていかなければ。

| 古い物・頂き物 | 20:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT